うちゅうのおはなし 【Cosmo*s x bObles】

さかのぼること一週間ほど。先週の土曜日にまたサイエンス・ワークショップをやりました。 今回のテーマは「うちゅうのおはなし(太陽系)」。まさに私が大好きそうなやつなのですが、実は今回初の試みが2つもある、スペシャルワークショップだったので、うきうきと、そのご報告などしようかと思うのです。

論理的思考力とコミュニケーション・スキル

私はずっと、子供のころにどんなふうに教育を受けると、物理や数学のことを好きな(または得意な)子に育つんだろうかと言うのをよくモンモンと考えていた。(今もだけど) そしてふと、やはり理数系科目に必要な根本的なスキルは、【論理的に思考する力】じゃないかなというのが私のある一つの考えで、じゃあさて、どんなふうに私達は【論知的に思考する力】をつけていくことができるのかな、とまたモンモンと考えていた。

子供たちの庭 “Nøkken”:デンマークのシュタイナー幼稚園

  シュタイナー教育って知っていますか? 日本では耳慣れない名前ですが、アメリカやデンマークなどでは、あのスティーブ・ジョブスが受けた教育として有名なモンテッソーリと並んでよく耳にすることがあります。最近だと日本でも俳優さんなどでシュタイナー教育を受けたという人がちらちら表舞台に出てきて、耳にする機会もあるかもしれませんが。

デンマークの教育において問われ続けること

ブログの更新は止まりがちではありましたが、こっそり実はデンマークの教育に関する個人調査は続いているのでした。そして今日はまた、あるインタビューを通じて感じたところがあったので、ウチの所長のブログに呼応する形でデンマークの教育について自分の感じたこと、考えをまとめてみる。

子供たちが主役のビックサイエンスイベント: Science i Forum 2016

先日デーネスヴァイ図書館を探しにフォーラムの横を散歩していた時、何の気なしにふとそのイベント案内に目をやると、そこにあったのは   「Science i Forum 2016 | 24. – 26. April 2016」 の文字。 なにそれ。絶対おもしろいじゃないの。 犬も歩けば棒にあたると言いますが、私が歩くとサイエンスにあたるのかななんて。   ということで早速家に帰って詳細をせっせと調べ、ついに先日その現場に行ってきました!その時の様子をご紹介します。

デンマーク図書館散歩(5): デーネスヴァイ図書館

  まだ続きます図書館散歩。今回はForum駅から徒歩5分弱のところにあるこちら、デーネスヴァイ(Danasvej:たぶんこう読む)。こちらは以前紹介したフレデレクスベア中央図書館の分館の小さな町の図書館です。ちょっと奥まったところにひっそりとあるかわいらしい建物。中の方は、、