デンマークの教育において問われ続けること

ブログの更新は止まりがちではありましたが、こっそり実はデンマークの教育に関する個人調査は続いているのでした。そして今日はまた、あるインタビューを通じて感じたところがあったので、ウチの所長のブログに呼応する形でデンマークの教育について自分の感じたこと、考えをまとめてみる。

心から大好きな人たちに囲まれるように生きる

  今日は久しぶりにただの日記です^_^   昨日息子を幼稚園に迎えに行ったら、隣のクラスの先生のお別れ会をしている最中で、何故か息子もそこにジョインしていたのでちょっと見守っていた。

子供たちが主役のビックサイエンスイベント: Science i Forum 2016

先日デーネスヴァイ図書館を探しにフォーラムの横を散歩していた時、何の気なしにふとそのイベント案内に目をやると、そこにあったのは   「Science i Forum 2016 | 24. – 26. April 2016」 の文字。 なにそれ。絶対おもしろいじゃないの。 犬も歩けば棒にあたると言いますが、私が歩くとサイエンスにあたるのかななんて。   ということで早速家に帰って詳細をせっせと調べ、ついに先日その現場に行ってきました!その時の様子をご紹介します。

デンマーク図書館散歩(5): デーネスヴァイ図書館

  まだ続きます図書館散歩。今回はForum駅から徒歩5分弱のところにあるこちら、デーネスヴァイ(Danasvej:たぶんこう読む)。こちらは以前紹介したフレデレクスベア中央図書館の分館の小さな町の図書館です。ちょっと奥まったところにひっそりとあるかわいらしい建物。中の方は、、

デンマーク図書館散歩(4): ヴェスタブロ図書館

  図書館も、中央図書館だけじゃありませんよね、っていうことで、小さな地域密着型の図書館も訪問してみる。まずはヴェスタブロ(Vesterbro) の図書館。 でもこれ、どこにも”Bibliotek(図書館)”って書いてない。おや?ってことで近づいていきますと、、

デンマーク図書館散歩(3): ロスキレ図書館

    コペンハーゲン中央駅から、快速で西へ飛ばしておよそ25分。ロスキレ(Roskilde)の図書館へも行ってまいりました。 ロスキレにはおよそこの1箇所しか図書館はないそうで、ロスキレの住人はこちらの図書館に通っているそうです。ロスキレの中央駅から徒歩5分のところにあります。